本当に住み心地の良い家は、ご近所さんも心地よい

家づくりにおいては、近隣のお宅との関係を良好に保つための配慮が出来るか出来ないかが重要な鍵になります。それらが自分達の住み心地の良し悪しにも跳ね返ってくるのです。実は、本当に住み心地の良い家は、ご近所さんも心地よいのです。

配慮すべき点について具体的に挙げるとすれば、玄関ドアや大きな窓の位置は大切です。

向かい同士ならば、玄関ドアが向き合ってしまうと、毎朝出勤時間にドアを開けた瞬間に鉢合わせとなって、なんとなくバツの悪さを感じてしまう可能性があります。

住宅密集地での隣家同士では、窓の位置が全て同じだと、お互いの存在が気になってしまい、カーテンを開けるのもためらってしまうことでしょう。

他には、台所の換気扇が隣家のリビングの掃き出し窓に面している場合、料理のニオイが全て窓を開けた隣家のリビングに入ってしまいます。

また、エアコンの室外機を隣家の寝室に面した場所に設置してしまうと、隣人から「夜間、室外機の音で眠れない」と苦情がくる可能性もあります。

我が家の設計士は、こういったトラブルの可能性を事前に説明してくれたので、我が家は設計の打ち合わせを始める前に両隣のお宅に挨拶をして、互いに差し支えない範囲で上記のトラブルが起きないための確認をさせてもらいました。

また、無垢材や漆喰などの自然素材を使った家を提案してくれました。無垢材や漆喰などの自然素材は健康的でここちのよい室内環境になります。

室内環境も含めて、入居後もトラブルなく平穏に暮らせているのは、設計士のそういったアドバイスのお陰だと今でも感謝しています。

JALカード / 貯蓄 / 内職 アルバイト / 良いプランニング・間取り
/ FXシストレ比較 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / 英語上達の秘訣 / 女性向けエステ.com / 健康マニアによる無病ライフ / お家の見直ししま専科 / ライブチャット / ライブチャットランキング / スマホアフィリエイト / アダルトアフィリエイト /

iPagerank

住宅のあれこれ