家の間取り・仕様

契約前の打ち合わせでは、「一生に一度の家作りだから、後悔したくない」という気持ちで、色々なオプションを追加してしまいました。その結果、家の間取り・仕様は膨らみ、どんどん見積もり金額が上がっていきました。

気づけば契約直前には、当初の予算を200万円もオーバーしてしまいました。これから大きくなる子供達の教育費や生活に欠かせない車の買い替えなど、将来は、家以外にも色々と出費がかさみそうです。このまま話を進めてしまって大丈夫なのか?と不安になった時期がありました。

実は、本命の住宅メーカーの他にもう一社見積もりを出してもらっている住宅メーカーがありました。最後はそちらとの競合となり、本命の住宅メーカーの営業担当者が大幅値引きをしてくれました。そのお陰で費用面に折り合いがつき、無事契約に至りました。

でも後々、私達の考えが甘かったと思い知らされました。契約前に何度も打ち合わせで設計を行ったにも関わらず、契約後も変更したい箇所が沢山出てきてしまい、またも予算超過となってしまったのです。

契約後の設計変更に住宅メーカーが値引きをしてくれる可能性は殆どないと思って正解です。これから家を建てる方は、家の間取り・仕様など細部までしっかり煮詰めてから契約することをお勧めします。