03kome のすべての投稿

第一種換気・顕熱式の体感は・・・岩倉市の注文住宅!

建築基準法で24時間換気システムの設置が義務付けられたのは、2003年のことだそうです。当時、高気密・高断熱住宅で起きたシックハウス症候群に対応するため、窓の開閉とは一切関係なく、常時強制的に室内の空気と外気を換気させるための換気設備を作らなくてはならなくなったのです。

岩倉市で注文住宅を建てた我が家で導入している第一種換気は、室内からの排出と外気の吸気の両方を機械でコントロールします。

この外気と室内の空気の入れ替えに伴う、暖房や冷房の熱のロスを最小限に防ぐため、顕熱式になっています。室内からの排気と外部からの吸気がすれ違う場所で、熱交換を行うのです。例えば、冷房の冷たい温度のみを外部からの吸気に移し、暖房の温かい温度(熱)のみを外部からの吸気に移すというイメージです。

ところが実際に暮らしてみると、わが家の第一種換気でも顕熱式の効果はあまり実感出来ません。特に冬に外から入ってくる外気は、室内の温度との差により、外気が通る場所だけ隙間風のように冷たく感じられます。愛知県にある岩倉市はさほど寒くはありませんが、せっかく注文住宅で建てるなら換気にも気をつけたいところです。

結露やシックハウスの心配がないのはありがたいですが、こういった体感的な部分では、高気密・高断熱住宅もまだまだ発展途上にあるのではないか?と、冬が来るたびに感じています。

輸入住宅で標準のカーペット仕上げ~小牧市で注文住宅を建てる~

最近の日本の住宅の床材で最もポピュラーなものといえば、フローリングなのではないかと思います。でも輸入住宅の我が家は、標準がカーペット仕上げでした。

小牧市で注文住宅を検討する際に廻ったモデルハウスでは、絨毯を敷き詰めたらせん階段や長い廊下を歩くと、ふかふかとした感触がとても贅沢なものに感じられたのです。それがオプションではなく標準施工になっているのならありがたい、そのまま導入してしまおう!と考えたのでした。小牧市内にはカーペット屋もあるので注文住宅の際にはそちらものぞいてみました。

実際に暮らしてみると、メリット・デメリットがいくつか浮かびました。

メリットは、ふかふかとした絨毯が足に優しいことです。

子供は、どこにでもスリッパを脱ぎ散らかしてしまうし、転んだ時の捻挫が怖いので、最近は素足で過ごしています。そんな子供達にとっては、絨毯の柔らかさが心地よいそうです。

二つ目のメリットは、内装が多少豪華に見えることです。特に新築時は綺麗なので、まるでホテルの廊下をあるいているような気分になれます。

デメリットは掃除が大変なことです。そしてどんなにこまめに掃除をしていても明るい色の絨毯は、よく通る場所だけが黒ずんできます。また、子供がジュースをこぼしたりすると絨毯をクリーニングに出すわけにもいかず、しみ抜きが大変です。

次回、小牧市でリフォームをする時は、フローリングに替えるか、ホコリや汚れの目立ちにくい色合いの絨毯にしようと思います。小牧市の注文住宅であればカーペット屋に行くのもありだと思います。

オーニング・サンルーム・カバードポーチ~一宮市で家を建てる~

一宮市で注文住宅で家を建てる際に、家の間取りや内装の相談をしている時に設計士から「掃き出し窓の外側はどうしますか?」と訊かれました。アパートであればベランダがついていますが、今回は一軒家の一階の掃き出し窓の外の話です。

私としては、モデルハウスにあったようなカバードポーチがおしゃれで良いと思ったのですが、使い勝手としてはどうなのかな?という疑問が浮かびました。

一宮市のように日本の新興住宅地で、道路から見えるところにカバードポーチを作ったところで、その場で自分が何をして過ごすかな?と考えた時に何も浮かばなかったのです。こういったことは注文住宅なら色々手を加えられるので悩みどころです。

むしろ子供がポーチで遊んだりするならば、おもちゃなどであの素敵なポーチのバラスター(手すり)をガンガン叩いて傷だらけにしてしまう可能性もあります。

ガラス張りのサンルームにも憧れましたが、庭で子供がボール遊びをした時に割ってしまう可能性があり、これも却下されました。

最終的には、ウッドデッキのようなものを作り、出したりしまったりすることが可能なオーニング(ひさし)をつけてもらいました。

ウッドデッキ「のようなもの」と書いたのは、材料が木ではなく樹脂製だからです。シロアリ対策として木のように見える樹脂、樹脂木デッキは、見た目の風合いがなかなか良いです。それでいながら木製と違い、塗装のし直しも不要です。初期費用は木製よりもかかりましたが、湿気の多い日本の気候を考えても樹脂にして正解だったと思います。以上、一宮市で注文住宅を建てる際の参考になれば嬉しいです。

照明器具選びと部屋の明るさについて~一宮市で注文住宅を建てる~

一宮市で注文住宅を検討していたのですが、家は高い買い物なだけに少しでもコストを抑えたいと考えるのは誰でも同じでしょう。そして自分好みのインテリアに拘るならば、住宅メーカーから提案されたものよりも自分達で選んだものを施主支給という形で採用して欲しいと考える人も多いだろうと思います。

我が家の場合は、一宮市内で照明器具はネットショップや量販店で探し、安く購入して施主支給にすることでコストダウンを目論みました。そのほうが住宅メーカーに薦められた照明器具を住宅メーカーのルートで購入して取り付けてもらうよりもずっと安く済むことが分かったからです。一宮市にも照明を売っている量販店は数多くありますので。

ところが自分で照明器具を購入してみると色々なトラブルがありました。例えば、おしゃれなデザインに惹かれて買ったブラケット照明の電源ソケットが海外仕様のままだったり、いざ取り付けてみたら想像していたよりも照明が暗かったり・・・といったことです。

これならば、インテリアコーディネーターにどのくらいのワット数の照明器具がいくつぐらい必要かを各場所ごとに細かく確認してから買い物をすればよかったと後悔しました。

二階に関しては、小屋裏から工事出来るとのことで、暗くなってしまったところには、天井埋め込み型のダウンライトを増設してもらうことでどうにか解決しました。一階の天井は後から電気工事をするのが難しくて、殆どはスタンド照明で明るさを補うことにしました。

こういったいきさつで我が家の照明は悩みに悩みましたが、実際に住んでみると意外と快適で満足しています。小さな明かりを分散させるほうが、シーリングの蛍光灯で一部屋を明るく照らすよりも雰囲気が良いのです。また、もし何処かの電球が切れてもすぐ近くに他の照明器具があるため、それで補うことが出来るというメリットもあります。以上のような私の経験談が一宮市で注文住宅を建てる際の参考になればと思います。