第一種換気・顕熱式の体感は・・・岩倉市の注文住宅!

建築基準法で24時間換気システムの設置が義務付けられたのは、2003年のことだそうです。当時、高気密・高断熱住宅で起きたシックハウス症候群に対応するため、窓の開閉とは一切関係なく、常時強制的に室内の空気と外気を換気させるための換気設備を作らなくてはならなくなったのです。

岩倉市で注文住宅を建てた我が家で導入している第一種換気は、室内からの排出と外気の吸気の両方を機械でコントロールします。

この外気と室内の空気の入れ替えに伴う、暖房や冷房の熱のロスを最小限に防ぐため、顕熱式になっています。室内からの排気と外部からの吸気がすれ違う場所で、熱交換を行うのです。例えば、冷房の冷たい温度のみを外部からの吸気に移し、暖房の温かい温度(熱)のみを外部からの吸気に移すというイメージです。

ところが実際に暮らしてみると、わが家の第一種換気でも顕熱式の効果はあまり実感出来ません。特に冬に外から入ってくる外気は、室内の温度との差により、外気が通る場所だけ隙間風のように冷たく感じられます。愛知県にある岩倉市はさほど寒くはありませんが、せっかく注文住宅で建てるなら換気にも気をつけたいところです。

結露やシックハウスの心配がないのはありがたいですが、こういった体感的な部分では、高気密・高断熱住宅もまだまだ発展途上にあるのではないか?と、冬が来るたびに感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です